デルフィニウムは出逢いと別れのお花~北海道新千歳空港より~

平成の時代、デルフィニウムは結婚式というハレの舞台での出逢い、

また、お葬式という最期の別れに惜別の想いを馳せる、象徴的な青・水色のお花でした。

令和の時代、デルフィニウムは出逢いと別れのお花に進化します。

出逢いは別れの始まり。

だからこそ、一期一会の出逢いに想いを込めて。

デルフィニウムは、みなさまの出逢いや別れとともにあります。

令和、コロナ、新時代。

時代が変わっても、変わらない出逢いと別れのシーンに、青と水色のデルフィニウムをそえて。



JAみついし WEBショップにて絶賛販売中
お花の産地から直送!北海道産デルフィニウム(2色)60cm 計20本入

さて、今回のトピックスとして新千歳空港ネタを2つ。

まず、令和3年8月より、WEBショップにて販売中の北海道産デルフィニウム(2色)を
ANA新千歳空港のカウンターとANAラウンジに飾っていただく運びとなりました。
ANA新千歳空港 総務課みなさんのお力添えに、この場をかりて感謝申し上げます!
新千歳空港にお立ち寄りの際には、ぜひご覧ください。

次に、「北海道花の日」の話題。
北海道では昨年、令和2年7月に、北海道民に「北海道の花」を知り、
親しんでいただくことを目的とし、北海道花(か)きの振興に関する条例が制定されました。
8月7日は、「北海道花の日」とのこと。
その事業の一つとして、7月22日~25日まで北海道産花きの展示が行われていました。
今回は、新千歳空港の展示の様子をご紹介して終わります。



正面から観た展示の様子。



色とりどりのカーネーション、トルコキキョウ、バラ、マム等でお花の絨毯に。

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

投稿者 酒井雄大

デルフィニウムは出逢いと別れのお花~北海道新千歳空港より~」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)