オグリキャップの故郷レディースツアー報告記 ~初日編~

 
毎年恒例となった三石軽種馬青年部主催のオグリキャップの故郷レディースツアーが今年も8月31日(金)~9月2日(日)の日程で開催されました。
毎年、リピーターの方の参加が半数を占める中、今年の参加者は3分の2程度が新規の方で各スタリオンの見学や、乗馬体験、牧場作業体験など充実した三日間を過ごす事が出来ました。今回は報告記第1回目として、初日の社台スタリオンセンター、優駿スタリオンの見学と夜の懇親会について報告します。

<オグリキャップの故郷レディースツアー報告記 ~初日編~>


8月31日(金)、集合場所は毎年恒例の新千歳空港。青年部員がツアー参加者を出迎えます。毎年の事ですが、シャイな部員が多いためこの時が一番緊張します。今年は総勢17名の参加者となり、初日は社台スタリオン、優駿スタリオンの見学へと出発です。
 

 
 
 
無事参加者の方々が揃い、いよいよ出発です。まずは、山野部長の挨拶から。この挨拶でほぼツアーの印象が決まるといって過言ではないのですが、昨年のリベンジをと意気込んでいた今年の挨拶もダダすべり(T_T)/~~~。
まっ、いつもの事なんですけどね・・・。この先が思いやられます。

 
 
 
まずは、社台スタリオンセンターに到着。社台スタリオンでは、3冠馬のディープインパクトやダイワメジャー、キングカメハメハ等を見学しました。一頭づつ外に出していただき間近で写真撮影をする事が出来ました。参加者は我を忘れて写真撮影に没頭。お気に入りの馬が自分の前に現れるたびに、歓声が上がっていました。
 

 
 
最後にサンデーサイレンス像の前で記念撮影。ターフを賑わした超一流の馬達を満喫しました。
 
 
 

 
 
続いて向かったのが、今回のツアーのメインでもある優駿スタリオン。ここには三石が生んだスーパーホース、オグリキャップの記念館があります。オグリの歴史や数々のオグリに関わるグッズが展示してあります。皆さん食い入るように展示品を見学していました。
 

 
 
 
 
オグリキャップ記念館見学の後は、マヤノトップガンやキングヘイロー等の種牡馬を見学し、たくさんの写真を撮影していました。

 
 
 
最後にオグリキャップ記念碑の前で記念撮影。天気も良く、初日のスタリオン見学は最高の1日となりました。
この後は、本日の宿泊先の浦河へ。
 

 
 
 
1日目の〆は浦河の名店「つぼ八」にて懇親会です。ツアー参加者と青年部が交流を深めました。参加者はとても競馬に詳しく、その知識は青年部を凌ぐほど。大いに盛り上がり1日目の夜は更けていくのでした・・・。
2日目へ続く

Scroll Up