2015トキノミノルフェアinWINS札幌 報告記

 
全国競馬女子の皆さん、競馬男子の皆さん、こんばんは。
去る2月15日(日)、東京競馬場のメインレース 共同通信杯(トキノミノル記念)の日に、WINS札幌A館(札幌場外馬券場)で開催した「トキノミノルフェア」。
IMG_2889
我がJAみついしの特産米「三石産低タンパクななつぼしトキノミノル」の記念日として、お米のほか、三石産競走馬の紹介や地場特産物のPRを目的に開催したフェアです。
 
本来ならば本拠地の東京競馬場で開催したかったのですが、諸般の事情により開催を断念。しかし、我がJAの競馬女子たちは黙ってはおりませんでした。
何かやりましょう!やろう!という想いが、今回のWINS札幌での開催につながりました。
 
構想当初、WINS札幌といっても開催場所としては相当ハードルが高いだろう、ということを感じていました。
ドキドキしながらWINS札幌に電話してみると、そのようなイベントの担当は副所長(山藤様)とのこと。不在だったので、再度電話することに。
またまたドキドキして山藤副所長に電話し、事の状況を説明したところ、こちらの不安をよそに快くGOサインを出してくれました。本当にありがとうございます。
 
 
当ホームページやFacebookで展開している「競馬女子」にちなんで、トキノミノル3合米を女性に配布しよう、というのが当初からの考えでした。
まず、山藤副所長からご提言いただいたのが、「共同通信杯G2といっても来場者はそんなに多くはなく、せっかくなのでG1の開催日にしてはどうか?」、「女性客は極めて少ないので、女性を対象としたお米の配布は厳しいのではないか?」ということでした。
トキノミノル記念の日にトキノミノルフェアを行うことは、私の小さな権限でも即決して回答いたしましたが、さすがに女性客をメインとした企画については即答できず、JA内部で再検討することに。
最終的に皆の意見が一致し、女性中心の企画でお米を配ることにしました。
 
地元三石の生産者に声を掛け、昨年の東京競馬場以上の展示ブースを作ろう、という考えで準備。快くご協力いただいた生産者に感謝です。
IMG_2886
直前まで15日の日帰り強行軍で予定を組みましたが、さすがに冬の札幌日帰りは厳しいだろうということで、急きょ1泊で行く事に。しかし、ホテルが全く空いておらず、ようやく見付けた旅館が 「Guest House NONAKA(野中)」さん。
1泊税込3,000円でアットホームな雰囲気でくつろげます。建物も新しく絶対にお奨めです。(ご主人の野中さんはフェアにも顔を出してくれてTシャツまで買ってくれました。ありがとうございます。)
 
札幌の居酒屋で前日の打合せを綿密に行い、それでも打合せ不足だったので部屋に戻ってからも・・・・。
DSC_0267
 
さて、いよいよフェア当日。
IMG_2882
山藤副所長にお会いし、今日の手順などを説明。副所長からは「今日の状況(結果)によっては、次の開催をお願いしたい・・・・。」 いきなりプレッシャーのかかるお言葉をいただきました。
IMG_2887
今回は男性職員の参加者が少なく、男女関係なく会場作りに着手し、目標の10時には間に合わなかったものの、ほぼ予定通り全ブースが完成しました。
ロードカナロアやオグリキャップ、カワカミプリンセスなど三石産馬のゆかりの品やG1馬のレースパネル、トキノミノル米のイラストレーターおがわじゅりさんのイラスト集などを展示。
IMG_2902
最初から本当に多くのお客様が足を止めてくれまして、正直なところ昨年の東京競馬場(競馬開催中止日)よりも展示ブースのご来場者数は多かったような気がします。
IMG_2904
お客様との対話も良い経験(というより楽しい想い出)になりました。私に熱心に競馬を語ってくれた女性は「私は絶対にO台の生産馬は買わない。最近は種牡馬のバラエティーが少なく面白くない。コスモバルクなど夢のある馬が好き。」などおっしゃってました。(今日だってハープスター(京都記念)は絶対買わない、と言ってました。あのおばさん当たったかなぁ~)
IMG_2897
トキノミノルグッズの売れ行きも本当に好調で、甘く見てグッズの持込を少なくした私の大失態も・・・・。お買い上げいただいた皆さん、ありがとうございます。
 
心配していた、女性を中心にしたお米の配布でしたが、朝のチラシ配りが功を奏したのか、JRAが数週間前から場内ポスターで告知していてくれたことや、当日の場内アナウンスで協力してくれたこともあって、正午の配布開始から大勢の女性客が・・・・。とにかく嬉しかったです。
DSC_0285
おかげさまで、1時30分ころには予定の100袋(正確には115袋)が無くなり、最悪の状況は回避できました。
 
メインレース、共同通信杯のレース実況が始まり「東京競馬第11競走 共同通信杯トキノミノル記念 グレード2」というフレーズを聞いたときには、ちょっと鳥肌が立ちました。私たちのために実況してくれているという錯覚です。(昨年は雪で翌週のレースになってしまいましたので。)
 
無事、全ての日程が終了することができました。
ご来場いただきましたお客様、山藤副所長はじめJRA職員の皆さま、おがわじゅりさんはじめ積極的にネット上で宣伝してくれた皆さま、日高振興局はじめご協力いただいた関係機関の皆さま、心より御礼申し上げます。
 
最後に、うちわの内容で申し訳ございませんが、休日にもかかわらず自己負担を強いてまでフェアに協力してくれた我がJA職員の「競馬女子」たち、ありがとう。素直でめんこい(かわいい)競馬女子ばかりです。自分の娘もこうなって欲しいと思わせる面々です。来年は東京?なんてあまりデカイことは言いませんが、また次の機会があったらがんばろう!
IMG_2908
以上、長々と三石浜の番長三浦でした。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up