(考察)セレクトセール上場馬のその後の成績について

 

番長三浦です。

 

昨日と今日、セレクトセールが開催されております。

 

たまたま、昼休みにグリーンチャンネルを付けるとジャストタイミングで4億7千万円のお馬さんが登場!

 

すげーなーっと、139円のカップラーメンをすすりつつ、ため息しかでない私。

 

 

そうそう、今日はブログ当番。昼休みに考えた、私のブログ内容は・・・。

 

「社台グループ以外のセレクトセール上場馬の競走成績」

 

限られた時間の中で想定外の結果が出たら、ブログとしてはヤバってことで躊躇しましたが、良さげな話題も無いので敢行しましょう!

 

 

あくまでも思い付きの抽出なので、ご勘弁を。

 

そこそこ競走回数をこなしていそうな現6歳馬を基準に。

日高では当歳馬セールが無いので・・・2014年セレクトセール1歳の上場馬に決定!

 

この年のセレクトセール1歳は全部で255頭の上場。

うち、社台ファームさん、ノーザンさん、追分ファームさん、レイクヴィラファームさんの上場が168頭。

このグループで売却頭数が159頭、売却総額が税別で51憶8050万円!主取りはわずか9頭というもの凄いセール成績です。

 

 

対して、上記以外の牧場さん。

上場頭数が87頭、売却頭数が56頭、売却総額が税別で8億4750万円、主取りは31頭でした。

(最高価格5000万円、平均価格1513万円)

 

この社台グループ以外の56頭が現在までどの様な競走成績を収めているか。

 

中央戦績 646回の出走で勝利数46

地方成績 624回の出走で勝利数76

総賞金額 10億9975万円(中央地方)

なお、残念ながら不出走の馬が1頭おります。

 

 

以外に頑張ってますね。

 

賞金とセール価格(税別)を比較すると

プラス2億5225万円

 

このうち

プラスの馬  14頭

マイナスの馬 42頭

賞金とセール価格の差で儲けた頭数の率

25%(マイナスが75%)

 

最も大きいマイナスの馬 4832万円

最も大きいプラスの馬 2億9979万円(セイウンコウセイ)

(次点が1億6036万円(ビップライブリー)で億超えのプラスはこの2頭)

 

儲け率が低い?割にトータルでプラスとなっているのは億超えの2頭が頑張ったとも言えます。

 

 

結構厳しい数字ですが、25%の儲け率がどうなのかは、社台グループで売却した159頭を追跡してみないと何とも言えないですよね。

 

 

暇なときにでも調べてみたいと思います。

 

 

長々とすいません。今日のブログを終了します。

お付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up