ロードカナロア祝勝会&12月第2週 JRA重賞競走 三石産馬の結果


全国、競馬女子のみなさんこんばんは。三石浜の番長三浦です。先週末のブログで予測しておりました賑やかな週末が現実のものとなりました。香港スプリントを日本史上最強スプリンター ロードカナロア(三石川上 ケイアイファーム生産)が優勝。とにかく強かったですね。まるでF1レースでテールトゥノーズから一気に前の車を抜きさるみたいな他馬との性能の違いを見させていただきました。ケイアイファームの皆様、本当におめでとうございます。
興奮冷めやらぬレース当日、午後7時より稲見生活館で祝勝会が催されました。
ケイアイファーム代表の中村伊三美、祐子夫妻は競馬場でご観戦。今日の祝勝会は牧場で応援されていた中村智幸さんのお計らいで開催されました。

日高軽種馬農協理事の佐藤陽一さん(三石本桐)の音頭で乾杯!

会場のあちこちではレースの映像を携帯電話で見る姿が。その強さを再確認しておりました。

集まった方々はほとんどが生産者ばかり。早くも種牡馬ロードカナロアの話題で盛り上がります。


たくさんの方々からお祝いが届いておりました。

先週の重賞の結果も。
まず、阪神ジュベナイルF(GⅠ)。15番人気のクロフネサプライズ(上村清志さん生産)が2着!3番人気のサウンドリアーナ(水上習孝さん生産)は17着でした。 クロフネサプライズ、一瞬、勝った!と思いましたね。本当に惜しかった。絶対にフロックではありません。上村さんも「桜花賞が楽しみ!」と言ってました。
サウンドリアーナ、絶好のポジションで直線に。最後は失速しましたが、人気馬として頑張ってくれました。敗因はわかりませんが、こういう形で負けるときもあります。桜花賞へ向け、再起して欲しいです。
カペラステークス(GⅢ)、14番人気のケイアイテンジン(乾皆雄さん生産)は8着、9番人気のグランプリエンゼル(上村清志さん生産)は12着、10番人気のタンジブルアセット(タガミファーム生産)は15着でした。展開やメンバー的にも厳しいレースでした。次走に期待です。
朝日チャレンジカップ(GⅢ)、15番人気のテイエムアンコール(坂本牧場生産)は17着でした。1着から17着まで本当に差のない大混戦レース。ハンデを背負っても力は存分に見せてくれました。
三石産馬の活躍、しばらく続きます!!!

Scroll Up