ネロが京阪杯を優勝しました! (11月第4週 JRA重賞競走結果)

おはようございます。
逆指名☆米田です。
【速報】でもお知らせしましたが、昨日京都競馬場で行われた第61回京阪杯におきまして、本桐牧場さんの生産馬「ネロ」号が、重馬場を物ともせず圧巻の逃げ切り勝利を収め、嬉しい重賞初制覇を達成しました!
それではさっそく(詳しい内容)先週の結果です~☆
11/27(日)京都12レース 第61回 京阪杯GⅢ
☆ネロ 1着!(本桐牧場さんの生産馬です。)
雨の京都競馬場、馬場コンディションは生憎の「重」の中行われた今年の京阪杯。バルザローナ騎手とのコンビで挑んだネロ号は、スタートをまずまず決めると果敢にハナに立ちレースを引っ張りました。京都内回りの最終コーナーからスパートでさらに後続を引き離し、最後は大楽勝でゴール!これまで強豪相手に惜しいレースが続いていただけあり、地力が他馬とは違いました。
ベルカントやスギノエンデバー、セイコーライコウといった三石産の有力短距離オープン馬が引退した今年でしたが、ネロの重賞制覇で「短距離に強い三石産馬」のイメージは引き継がれたと思います(^^)
これからますますの活躍をお祈り申し上げます。



三石の名門「本桐牧場」さんが待望の重賞制覇☆
20161127
これからも生産馬の活躍に注目しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up