みついしの花 共撰とは??

こんにちは!
みついしのチビノリダーさかいです☆
みついしも春分の日を過ぎて、日は長くなってきましたが
今日は雪がうっすら積もり、しばれてます。
本日、3月21日(木)、デルフィニウム オーロラブルーインプ初出荷!!
こちらのハウスから、出荷が始まりました!
s-H250316numata (1)
話はかわりまして、みついしでは、出荷量が増加するGWころ~12月初旬まで
共撰として「みついし花だより」ブランドで花を出荷します。
共撰には、「共選共販」「個撰共販」の2種類があります。
共選共販とは、農家が収穫した切り花を選花場に持ち込み、経費を払って
農協職員やパートさんが規格どおり選別、箱づめを行う方法で
箱内、箱ごとのバラツキがなくなります。
生産者にとっては、そのコストが問題となります。

一方、
個撰共販とは、農家が定められた規格に基づいて
自分で選別、箱づめを行い、できあがった箱を
集荷場に持ち込み、検査員が箱を開け、検査する方法です。
農家によって、選別にばらつきが少しあります。

「みついし花だより」は、後者の個撰共販でデルフィニウムを共撰として販売しています。

これから、花の出荷がだんだんと増えてきます。
ブランド向上のために、生産者、町の実験センター、農協が連携して
地道な研修・目ならしに取り組んでいます。

今年も「みついし花だより」をよろしくお願いします!

P6110030_copy P6110034_copy
       昨年の集荷場の様子     出荷時の生産者同士で情報交換
Scroll Up