2014年オグリキャップの故郷レディースツアー報告記 ~最終日編~

~最終日編~
楽しい時間もあっという間に最終日を迎えた3日目はアロースタッド、レックススタッド、ビックレッドファーム、ブリーダーズスタリオンステーション見学と怒涛の種牡馬見学三昧の1日です。
連日続いたツアーの疲れも感じさせず参加者の皆さん、集合時間前にホテルロビーに集まって戴けたので予定通りに出発する事が出来ました。
最初に訪れたのはトランセンド、ヒルノダムール、リーチザクラウン等が繁養されているアロースタッド。
31場長さんの説明を受けながら放牧されている種牡馬を自由に見学する事が出来ました。
途中、場長さんの計らいでヒルノダムールとのツーショット撮影をさせていただいたりと充分に堪能させていただきました。32
次に向かったのは新種牡馬シルポート、ネオヴァンドーム、コパノジングー等が繁養されているレックススタッドです。
スタッフさんの説明後、ここでも放牧されている新種牡馬を充分に自由に見学させていただきました。
33
次に向かったのは三石産馬の名馬コスモバルクのいるビックレッドファームへ。
35アグネスデジタルやアドマイヤマックス、ロージズインメイ、アイルハヴアナザーなどが繁養されていて、厩舎内にいる名馬を見学したり敷地内の池にいる錦鯉を見る事が出来ました。
34厩舎前にて集合写真を撮りビックレッドファームを後にしました。
見学のあとは、有名人もよく食べに来るお蕎麦の名店「いずみ食堂」で昼食をとり休憩しました。
そしてツアー最後の種牡馬見学となるブリーダーズスタリオンステーションへ。
04新種牡馬ストロングリターンや新入厩のヴァーミリアン、セイントアレックスや各名馬を輩出しているステイゴールドなどが繁養されています。01
051頭1頭展示して戴き、展示後は厩舎周りを自由に見学させて戴き楽しいひと時を過ごしました。
02
36
スタッフさんと集合写真をとり別れを惜しみつつスタリオンを後にしました。
03
2泊3日のツアーもいよいよ新千歳空港で解散です。
空港到着前にバスの中で最後の挨拶をしましたが、やはり挨拶が苦手なので参加者の皆様に上手く伝わったか解りませんが、皆さんのお陰で今年も無事にツアーを終える事ができました。
今年はツアー史初の25名の参加となり、企画当初は本当にやり遂げられるのか不安の方が大きく、ツアー中も常に心配ばかりしていました。手の行き届かなかったところもありご迷惑をお掛けしたと思います。参加者の皆様に満足して戴けたか不安な部分もありますが、反省すべき点を活かし今後とも参加者の皆様に満足して戴けるよう企画して参りたいと思います。
このツアーをきっかけに更に馬に興味を持っていただき日本の競馬を応援して戴けたら幸いです。
三石産馬が走る際には応援して下されば大変嬉しいです。
北海道へお越しの際には是非三石へお立ち寄り下さい。
今回のツアー開催に際し多くの方々にご協力いただきました。
各スタリオン関係者様、ケイアイファーム様、MKランチ様、みついし農協職員様、農協観光様、他多くの関係者様、大変お世話になりました。
誠にありがとうございました。
この場をお借りして心から厚く御礼申し上げます。
三石軽種馬振興会青年部部長 土田陽司
37新千歳空港にて
※オグリツアー1日目は、こちらから!
※オグリツアー2日目は、こちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up