ファンタジーステークスGⅢ 水上習孝さん生産 サウンドリアーナ号が制覇

(三石歌笛 田嶋英夫さん撮影)

11月10日(土) 京都競馬場11Rの第17回KBS京都賞ファンタジーステークス(GⅢ)を三石稲見の水上習孝さんが生産したサウンドリアーナが制覇しました。おめでとうございます。
2番人気に支持されたサウンドリアーナ。直線では他馬を寄せつけず3馬身差の圧勝でした。
サウンドリアーナは昨年の北海道市場セレクションセールでJRAさんに落札いただき、今年のJRAブリーズアップセールに上場された馬です。 JRAさんにご購買いただいた三石産馬は走る!と地元では勝手に決めつけていますが、近年ではセイウンワンダー(朝日杯 GⅠ)、ダイワパッション(フィリーズR GⅡ)、シンコールビー(フローラS GⅡ)、ジョウテンブレーヴ(読売マイラーズC GⅡ)などに続く重賞馬の誕生です。 JRAさんにとっても嬉しい勝利ではないでしょうか。
また、サウンドリアーナはケイムホーム産駒で、先日のJBCクラシック優勝ワンダーアキュートのカリズマティックと連続でJBBA日本軽種馬協会さんの種牡馬の三石産重賞馬が出ております。 JBBAさんも喜んでおられることでしょう。
GⅠの阪神ジュベナイルに向かうのかどうかはわかりませんが、今回の勝ち方は来年のクラシックにつながる勝利でもあります。 これからも絶対に目が離せない馬。次走も応援をよろしくお願いします。

以上、三石浜の番長 三浦がお伝えしました。

Scroll Up