高倉Kのセルフリノベは大変だ~自分、不器用ですから編~

こんにちわ、Kです。
最近気づいた事があります。
ジオン軍総帥ギレン・ザビ氏の言葉を借りますが
あえて言おう
不器用であると
 
S__11755552
タイガーボードの隙間
心の隙間
隙間だらけの自分
隙間スイッチ
スキマスイッチ
 
私「・・・」
妻「・・・」
私「まっ、まぁ、クロス張ればわかんねーし・・・」
妻「そっ・・・そうね・・・」
私「おっ・・・俺らプロじゃないし・・・」
妻「そっ・・・そうね・・・」
私「俺たち、がんばったよな・・・」
妻「そっ・・・そうね・・・」
私「今日は家族4人でラーメンでも食べにいこうか・・・」
妻「そっ・・・そうね・・・」
娘「味噌がいいー」
息子「僕も味噌!」
私「じゃぁ俺も味噌」
妻「みっ・・・味噌ばかりね・・・」
 
 
いよいよ最終章突入!
ネタ切れの危機!
脚立への股間強打、悶絶
眼球に迫る石膏ボードのカス、そして充血。
虚無感に支配される自分、絶望に打ちひしがれる妻、倦怠する子供
ヤケクソになったKはセルフリノベの向こう側で何を見たのか
誰も予測できない未曾有の結末に全本桐人が泣く
次回「折れた心。取り戻せ!俺の野生」前編
お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up