明後日は繁殖馬セール (10月第3週 JRA重賞競走結果)

逆指名☆米田です。
3歳牝馬最後の一冠は、ヴィルシーナの全妹でシュヴァルグランの半妹、あの大魔神・佐々木主浩氏が馬主のヴィブロス号が制しましたね。
佐々木氏にとっては、ヴィルシーナ号で制したヴィクトリアマイル以来のGⅠ制覇ということで誠におめでとうございます!
余談ですが、佐々木主浩氏の愛馬たちには「ヴ」という文字が入っている名前が多いんですよね。
そして、私独自のデータでは「【ヴ】の付く名前の馬は活躍する」というデータがあります。
(オルフェー「」ル、「」ァーミリアン、「」ィクトワールピサなどなど)
みなさんも予想に迷ったら、馬名の「」に注目してみてください(^^)
それでは先週の結果です~☆
10/16(日)東京9レース 第18回 東京ハイジャンプJ・GⅡ
☆マイネルゼーラフ 9着(上村清志さんの生産馬です。)
重賞のタフな流れに、いいときのゼーラフの走りを見せることは出来ませんでした。それでも重賞を経験したことは次走にきっと生きテてくると思います!まだまだ若い5歳馬ですしこれからの活躍に期待しましょう!
京都11レース 第21回 秋華賞GⅠ
☆ゲッカコウ 13着(斉藤スタッドさんの生産馬です。)
フローラSと同様後ろからの展開になりました。最後は3F34.0秒の末脚を繰り出しましたが及ばず13着。それでも勝ち馬と1.0秒差ですから着順ほど負けていません。これからの活躍に注目しましょう!
☆エンジェルフェイス 16着(ケイアイファームさんの生産馬です。)
ハナを切る展開に期待しましたが、道中は好位を進む形になりました。最後の直線でも伸びを欠き16着。レース振りを見ても本調子では無いのと、距離がやや長い気もします。立て直して次走に期待です!
☆ワンダーピルエット 18着(フクダファームさんの生産馬です。)
初芝で初重賞は同馬にとってきつい流れとなりました。しかしこの経験はきっと次に活かされるでしょう!次走の走りに注目しましょう!



10/19(水)は、【ジェイエス繁殖馬セール】が行われます。
このセールは、今年北海道市場を賑わせた一歳馬達のセリではなく、そのお母さんである「繁殖牝馬」のセリになります。
ですから、一歳馬をセリに出してこれまで「販売者」だった生産者の皆さんが、今度は「購買者」になってセリに参加するセールなんですよ。
(下の写真は、今年1月に行われた繁殖馬セールの様子です)
DSC_0063今年は220頭の繁殖馬が上場を予定しています☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up