ロードカナロア産駒躍進☆ (11月第4週 JRA重賞競走結果)

逆指名☆米田です。

昨日11/25(日)に京都で行われた第63回京阪杯GⅢにおきまして、ケイアイファームさんの生産馬でロードカナロア産駒のダノンスマッシュ号が見事優勝しました!

生産されたケイアイファームさんはじめ関係者の皆さん、誠におめでとうございます!

これで京阪杯は、三石産馬の3連覇達成となりました!
(昨年、一昨年はネロ号)

また、同日行われたジャパンカップにおきましても、ロードカナロア産駒のアーモンドアイ号が圧巻の強さを見せつけて優勝しました☆

スプリント界の絶対王者ロードカナロアが、種牡馬となって産駒達が距離の壁を越えワールドワイドな活躍を見せています。

(上の写真は、ロードカナロア号が香港スプリント優勝時の写真)


それでは先週の結果です~☆

11/25(日)
京都12レース 第63回京阪杯GⅢ

☆コウエイタケル 5着(三石橋本牧場さんの生産馬です。)
相手なりに走れると言われていますが、ここまで安定感があるといつ勝機が訪れてもおかしくありません。次は間違いなく勝ち負けでしょう!次走に期待しましょう!

☆ダノンスマッシュ 1着!(ケイアイファームさんの生産馬です。)
父ロードカナロアとの父子制覇達成です!レースは好位に付けると最後は直線で内目から力強く抜け出して、あとはそのまま後続を寄せ付けず快勝!父もこの京阪杯が重賞初制覇でした。父の蹄跡をダノンスマッシュも突き進んでくれるでしょう!次走も期待です!

東京11レース 第38回ジャパンカップGⅠ

☆ノーブルマーズ 13着(タガミファームさんの生産馬です。)
アーモンドアイの強さが際立ったレースとなりましたが、マーズも序盤から積極的に前を行き、見せ場たっぷりのレース内容でした。世界の強豪を相手に戦った今回の経験は間違いなく大きな上積みとなるはずです。次走に期待しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up