ロードカナロアの故郷レディースツアー2016報告記~初日編~

20年近く継続された『オグリキャップの故郷』レディースツアーから『ロードカナロアの故郷』レディースツアーにリニューアルされて2年目となる三石軽種馬青年部の一大イベントが9月2~4日の3日間、総力をあげて実施されました。
それでは早速ツアーの内容を報告させて頂きます。
「初日」
今年は、土居、城地、水上、沖田、折手、立川、築紫、稲葉、土田の9名がツアー参加者を出迎える為に新千歳空港へ。
いつもの事ですが、到着ロビーでの待ち時間は結構緊張します。
次々に参加者が集合場所に集まり、全員揃った処で簡単なスケジュール説明を兼ねた私の挨拶(メモ書きの棒読みで)。
早速、最初の見学先「社台スタリオンステーション」に向かって空港から移動。昨年は雨の中でのスタートでしたが今年は快晴。
1社台5
社台スタリオンでは日本を代表する名種牡馬と合わせて新種牡馬を次々と展示して頂き、日本の宝世界の宝ともいえるディープインパクトまで展示して頂ける事に大感謝。
1社台4
1社台3
1社台2
そして大本命のロードカナロアを十分に見せて頂いた後、ロードカナロアを中心に集合写真。 参加者は大満足。
1社台1
スタッフの皆様にお礼を申し上げ次の目的地「優駿スタリオンステーション」へ移動。
三石の、日高の、日本のヒーロー「オグリキャップ」の銅像前で集合写真を撮り、その後記念館を観覧。
2優駿1
2優駿4
2優駿3
それから繋養されている看板種馬ヘニーヒューズを始め、次々とファンの多い内国産種牡馬を展示して頂き、参加者のリクエストに応えツーショット写真も撮らせて頂き、参加者は大感激し、初日のスタリオン見学はこれにて終了。
2優駿2
この後は宿泊先の静内のホテルへ移動。
夕方より「つぼ八」に青年部員16名が合流し、ツアーの皆さんとの懇親会を開催。
青年部員、ツアー参加者全員の自己紹介が終了し大宴会がスタート。
3つぼ八2
3つぼ八1
時間が経つにつれ打ち解け合い、2次会では競馬の話を中心に皆さん大盛り上がりとなりました。
3つぼ八3
二日目編へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up