3月第3週 JRA重賞競走結果

おはようございます。
逆指名★米田です(^^)/
三石産馬がやりました!
昨日の中山11R【フラワーカップGⅢ】において、ケイアイファームさんの生産馬エンジェルフェイスが、後続を寄せ付けない見事な逃走劇を演じ、重賞初勝利を成し遂げました!ケイアイファームのみなさんはじめ関係者の皆さん誠におめでとうございます!
また、同レース2着には、斉藤スタッドさんの生産馬ゲッカコウ号が入り、三石産馬ワンツーを重賞で達成しました☆
それでは先週の結果です~☆
3/21(祝・月)中山11レース 第30回 フラワーカップGⅢ
☆エンジェルフェイス 1着!(ケイアイファームさんの生産馬です。)
1番人気に推され初コンビとなる福永騎手を背に出走しました。スタートを決めるとハナに立ちレースを牽引、同馬のペースでレースは進みました。4コーナーからはさらに一段上のギアが入り中山の急坂をモノともせず駆け上がり、そのままゴール!前走と同じ逃げ切りで初重賞制覇を飾りました!これで今年の牝馬クラシック戦線に同馬が加わり、ますますの三石産馬の活躍を期待したいと思います!
☆ゲッカコウ 2着!(斉藤スタッドさんの生産馬です。)
惜しい悔しい2着!道中は内ラチ沿いで完璧に折り合っていましたが、最後の直線で包まれていた分、追い出しに時間がかかってしまいました。最後は急坂を力強く伸びてエンジェルフェイス号を猛追しましたが、やや足りず・・・。それでも人気馬の一角に推され、同世代で力上位であることを証明しました!次走に期待しましょう!



エンジェルフェイス号のお母さんは、キャトルフィーユ号やレディアルバローザ号の母でも知られるワンフォーローズ号
(父Tejano Run 母Saucyladygaylord)
これで産駒の重賞制覇3頭目です!すばらしい!
2ワンフォーローズ-2掲載の写真は、三石軽種馬青年部主催【ロードカナロアの故郷レディースツアー】でケイアイファームさんを訪れた時の写真です(^^)
そして、見学している馬は、その偉大な母ワンフォーローズ号
1ワンフォーローズ-1
今年17歳のワンフォーローズ号、これからも優秀な産駒輩出を期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up