エゾシカ防御

みなさん、こんにちは。
また、ヨーロッパでテロが起こりました。
マハトマ・ガンジーの『An eye for an eye will make us all blind』~
目には目を(報復)はすべての人を盲目にする(すべての人の理性を奪う)~
その言葉にささやかな疑念を感じる程、陰鬱な気持ちになってしまいます。
さて、エゾシカの話です。
三石地区ではこの3年間でエゾシカが激発している農地の周囲に
フェンスの設置工事を行いました。
事前の調査を行っていた際、最も凄い地域の組合員の奥様に
「車で、道路に飛び出してくる鹿に気を付けるというんじゃなく、
夜は鹿を避けながら運転するっていう感じ。」と言われたことを憶えています。
事前に撮影した写真をご紹介します。(1枚目は解像度を上げています。)
20160323mizublog1
20160323mizublog2
20160323mizublog3
20160323mizublog4
実際には、暗闇でライトをかざすと、50頭以上群れが牧草地に居たり、
道路を横断するエゾシカの群れが渡りきるまで、数分…停車して頭数を数えているうちに、唖然としたこともありました。
総延長で、約50km以上のフェンスを設置し、これまで食害や車の事故等に悩まされていたことが、概ね解消されつつあります。
20160323mizublog5
※この写真は、フェンス設置後に故意にゲートを開けてどうなるかを
検証した写真です。
今後も、地域全体を注視していく必要は勿論ですし、捕獲ということも
大切です。(フェンスが出来ない場所からの侵入もありますし、)
「共存」ということもよく考えていかなければなりません。
最後までお読みいただきありがとうございました。
JAみついし・水上から日頃の感謝を込めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Scroll Up